COVERS vol.1

Big South Valley Music(2008)¥1,646(税抜き¥1,524)


cover

 全曲新録音によるソロ・ギター曲集。タイトルのとおり、ビートルズやカーペンターズなどのカヴァー全7曲を収録。「イマジン」と「遙かなる影」は、「ソロ・ギターのしらべ」1作目収録のアレンジとはキーとチューニングが異なります。また「スカボロー・フェア」は、「ソロ・ギターのしらべ」官能のスタンダード篇とは細部が異なっています。1弦を空けて2〜6弦の2フレットにカポを付けたものが4曲あり、「ノルウェーの森」ではその1弦にプラスチック片を挟んでシタールのような効果を出しています。

 ギターは全曲History NT-501で、マイクはEarthworks社SR77、プリアンプはGrace Design社のModel 101を使用し、Apple Powermac G5に96k・24bitでハードディスク・レコーディングしています。

 アルバム制作記(ブログ内)は こちら



BSV web shop


ダウンロード販売サイトダウンロード・マーケットにて、下記商品を発売中です。[2015.11.9加筆]
05「涙そうそう」 楽譜 (432円)音源 (216円)楽譜+音源セット (540円)
07「遙かなる影」 楽譜 (432円)音源 (216円)楽譜+音源セット (540円)


また、「イマジン」の楽譜は、CD付き楽譜集『ジョン・レノン/ソロ・ギター・コレクションズ』に収録されています(細部は異なります)。


01. ヒア・カムズ・ザ・サン  (DropD, 7capo)
02. ノルウェーの森 (DropD, 2capo [1st str open], prepared)
03. ブラックバード (DropD, 2capo [1st str open])
04. スカボロー・フェア (DropD, 7capo)
05. 涙そうそう (DropD, 2capo [1st str open])
06. イマジン (DropD, 5capo)
07. 遙かなる影 (DropD, 2capo [1st str open])

(YouTube):動画
 


01. ヒア・カムズ・ザ・サン オリジナル:ビートルズ(ジョージ・ハリスン)

 2006年に「響のスコア」(BSジャパン)という番組に出演した際に、ディレクターさんのリクエストでアレンジしたものです。といってもオリジナルがアコギ中心の曲なので、そこにメロディを乗せた程度。オリジナル同様、カポ7のDキー(プレイ・キー)で演奏しています。



02. ノルウェーの森 オリジナル:ビートルズ(ジョン・レノン)

 1弦空け2カポにして、その1弦のカポよりネック寄りにプラスチック片を挟んで、シタールのような効果を出しています。



03. ブラックバード オリジナル:ビートルズ(ポール・マッカートニー)

 これも1弦空け2カポ。これによって運指はノーマル・チューニングでも1弦開放はプレイ上D音(実際にはE音)、という状態になり、上手くメロディが弾けました。他の部分の運指は、比較的オリジナルに近いです。



04. スカボロー・フェア イングランド民謡

 「ソロ・ギターのしらべ 官能のスタンダード篇」のアレンジをベースに、細部を変更。



05. 涙そうそう オリジナル:夏川りみ(BEGIN・森山良子)

 初めは普通のチューニングで弾いていましたが、イントロのフレーズでプリングを使いたくなり、1弦空け2カポで組み立て直したものです。ライヴでもよく演奏しています。



06. イマジン オリジナル:ジョン・レノン

 2003年に大阪の枚方公園青少年センターでのライヴの際、ゲストでお呼びした打田さんの演奏の間に、楽屋でアレンジしたものがベースになっています(打田さんの出番の後、ムボーにも演奏。やっぱりミスった…)。2005年の楽器フェアでのミニ・ライヴでの、スティーブン・ベネットとのデュオでもこのアレンジで弾きました。



07. 遙かなる影 オリジナル:カーペンターズ(バート・バカラック)

 「ソロ・ギターのしらべ」のアレンジをベースにしていますが、Aメロ終わりでプリングを使いたい部分があったので、1弦空け2カポで組み立て直したもの。2006年に栃木のコグレレコードさんでクリニック&ミニ・ライヴの際、サウンド・チェックや休憩中にアレンジしていた覚えが。

目次 GUITAR > COVERS vol.1